「令和元年度 緑の学園」を開催しました!

IMG_1642.JPG

去る11月29日(金)、県立農林水産総合技術支援センターにて「緑の学園」を開催しました。
県内3校、計15名の高校生が参加し、講演や園地見学などを体験しました。

緑の学園とは

徳島県は、農業に関心のある県内高校生等を対象に、農業者による講演や産地見学、実習等を実施することで、農業の魅力を伝え、農業分野への進路選択に寄与することを目的に、「緑の学園」を開催しております。

講義・講演

 

午前中は、農業大学校の概要説明と農業者による講演を行いました。
講演は、海部次世代園芸産地創生推進協議会 きゅうりタウン専任マネージャー 豊田 穂 氏より、
『キュウリ産地に新規就農者を呼び込む地域戦略~「きゅうりタウン構想」実現に向けた取組~』という演題で講演していただきました。

 

 


 



 

 

産地見学

午後は、佐那河内村へ移動し、JA徳島市の果樹選果場と、すだち農家 大仲保さんの園地見学を行いました。
果樹選果場では、カメラ式高性能品質センサーやキウイフルーツ・ハウスみかん選果機などを見学しました。
大仲さんの園地では、大仲さんより、すだち栽培における工夫や取組を、園地の紹介とともに説明していただきました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

  • 徳島県の農業
  • リンク集
  • 住んでみんで とくしまで!