令和3年度「施設園芸アカデミー」開講式の開催について

令和3年度 「施設園芸アカデミー 」開講式の開催について!

 

 県では、最先端の環境制御技術を駆使する施設園芸のエキスパートを育成し、スマート農業の普及を図るため、令和2年度より「施設園芸アカデミー」を開設しています。本年度は、スマート園芸実践コース、スマート園芸入門コース(総論クラス、各論クラス)を開講します。

 この度、施設トマト栽培における環境制御技術の理論と実践を学ぶ「スマート園芸実践コース」の開始に併せ、「施設園芸アカデミー」の開講式を7月20日(火)、阿波市役所にて開催しました。開講式では、農業大学校校長からの挨拶に引き続き、講師を務める株式会社デルフィージャパン コンサルタント 加納氏の紹介があり、また、受講生代表による決意表明、および農大校長からの帽子授与が行われました。

 開講式終了後は、オリエンテーションが行われ、昼食をはさんで、講義「栽培計画(戦略)栽培・収穫シミュレーションの策定」が行われました。スマート園芸実践コースでは、2022年3月まで全8回の講義が行われ、3月8日の成果報告会を目指します。

※当該アカデミーは「産学官連携による次世代型園芸実証事業の実施に関する連携協定」に基づき、徳島県、および阿波市、(株)誠和、(株)トマトパーク徳島、(株)デルフィージャパンらと連携のもと、実施します。

IMG_2150.jpeg

 

IMG_2159.jpeg

 

カテゴリー

  • 徳島県の農業
  • リンク集
  • 住んでみんで とくしまで!
  • 住んでみんで とくしまで!